読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶんぶんの進路歳時記

学習方法、進路選択、世界史の話題について綴ります

センター試験 世界史Bの傾向と対策(2 出題パターン年号編)

世界史

 大学入試センター試験世界史Bの過去問を元に、どのような聞き方をされるか、解答するためにはどのようなトレーニングをするか考えます。

 後編は年号問題、整序問題、資料問題についてです。

  前編はこちら。

大学入試センター試験 世界史Bの傾向と対策について考える(その1 出題パターン前編) - ぶんぶんの進路歳時記

 考察が主で引用する問題は従の関係です。著作権についても前編を参照してください。

 

4 年号問題…何はいつ起こったものか


例4 2012年 下線部①は前2世紀後半 

f:id:tokoyakanbannet:20160729222445p:plain

ポイント

・張騫→武帝→「いよいよ武帝の時代」→前141年→前2世紀後半

・仏図澄→五胡十六国時代→「サイン無視して晋滅ぶ」→316年→4世紀

・西遼→靖康の変→「いい風呂に入ってふにゃけた」→1126~27年→12世紀

・班超→後漢光武帝→「にこっと復活」→25年→1世紀

というように、文中のキーワードから王朝の成立や滅亡年、重要事件にたどりついて、何世紀のことかを推理します。

 

トレーニング方法

 センター試験では「○○世紀のことはどれか」と聞かれますが、すべての事項の世紀を覚えるのではなく、画期となる年号を記憶し、その前後関係から「この出来事は何世紀ぐらい」と言えるようにします。

 例えば「ジャックリーの乱は百年戦争(1339年開始)中のフランスで起きたので14世紀」は最も単純なものです。

 最近情報メディアへの関心から製紙法や印刷術がよく出題されますが、グーテンベルクの印刷術は、フスは情報が発信できずに焚刑にされた→1414年 ルターは情報を発信したから教皇に対抗できた→1517年 から15世紀の半ばぐらいと推理できます。

 このように重要年号(王朝の成立と滅亡、重要事件)の記憶と前後関係の正確な把握がセンター試験高得点の鍵です。

 私はこの「軸年号」だけを集めた「世界史語呂合わせプリント」を作って生徒に渡しています。世界史で高得点が取れるようになった卒業生は、毎年発行する「卒業生の学習方法紹介」で「このプリントに助けられた」と書いてくれます(宣伝です(笑))。

*こんな感じです

f:id:tokoyakanbannet:20160802195349j:plain

 

 市販の年号語呂合わせ本は「ピンで覚えなくても関連で類推できればいい」ものまで載っているものが多いですが、別宮孝司さんのは最低限でおすすめです。

 

 

5 流れ整理問題…通史のダレ、イツ、ドコ、ナニの判別 順番の整序

例5の1 2012年

f:id:tokoyakanbannet:20160729223526p:plain

例5の2 2012年

f:id:tokoyakanbannet:20160729223744p:plain

 例5の3 2013年

f:id:tokoyakanbannet:20160729223900p:plain

 

ポイント

 例5の1は、単元のストーリーがわかっていれば年号を知らなくても解答できます。この場合はベトナム戦争終結→カンボジアポルポト政権→ベトナムカンボジア侵攻→中越戦争という流れです。

 例5の2は、朝鮮王朝→明、遼→五代・北宋、陳朝→元と変換すれば、中国の王朝の順番から答えは明らかです。

 例5の3は、cとaは王朝の順番から類推できますが、キエフ公国→ノルマン人→カール大帝が死んだ後→9世紀という年号の知識が必要です。4と5の複合問題です。

 これと似た出題でペトラルカ、エラスムスセルバンテスを並び替える問題がありましたが、ペトラルカ→ダンテ→中世、エラスムス→ルター→1517、セルバンテスレパントの海戦→1571と変換します。

 

トレーニング方法
 「流れ問題」は事件毎の細かい年号を知らなくてもストーリーが理解できていたり、その出来事がいつの王朝のことかが判別できれば解けるものが大半です。

 教科書を読んでサブノートを完成させる時、機械的に穴埋めをしないことです。5の1の場合は「せっかくベトナムが統一されたのに、カンボジアに介入してまた戦争~?」(『秘密のケンミンshow』の「東はるみ」風に)とコメントを入れながら記憶します。5の2の場合は「どこかのページにも文字のこと出てたっけ」と「戻り学習」をすることがマストです。

 ただし5の3のように年号の知識が必要な問題もありますから、重要年号は確実に記憶しましょう。

 

6 資料問題…都市の位置と説明、絵画・建築物と説明の照合

*地図は著作権の関係から省略します

 

例6 2012年 下線部④はポルトガル 地図は東南アジア

問4 下線部④の国が交易の拠点とした都市の名と、その位置を示す次の地図中のaまたはbとの組み合わせとしてもっとも適切なものを、下の①~④のうちから一つ選べ【 22 】

バタヴィア-a ②バタヴィア-b ③マカオ-a ④マカオ-b

 

ポイント

 都市は名前・場所をピンポイントで答えるのではなく、例題のようにリード文に適した名前と場所を答える場合が大半です。都市以外では、ローマの最大領域のようなエリアを問う問題、トルコ人の移動経路を聞く問題がありました。

 

トレーニング方法

 とにかくサブノート(たぶん地図がある)と資料集(白地図が付属しているものもあり)で都市位置や王権のエリアをひたすら復習しましょう。

 覚えるべきは、都市では古代オリエント、古代インド、中国(古代~20世紀の日中戦争まで)、イスラーム、中世ヨーロッパ、大航海時代以降の各国(カルカッタとかポンディシェリとか受験生泣かせ)の拠点です。

 エリアではローマ(共和政~帝政)、中国(特に周辺諸地域)、イスラームの諸王朝、ゲルマン人の移動、アメリカ合衆国の発展、バルカン半島、アフリカや西アジアの分割などです。

 絵画や建築物は教科書に載っているものはすべて名前、場所、どういう内容かを記憶しましょう。

 

まとめ

 世界史は三年生の2学期まで完成しませんが、完成は待たずにどんどんシャッフルトレーニングをしましょう。最初はセンターの過去問を章別、単元別にまとめてある問題集をやって抜け漏れをつぶし、マーク模試の復習で徐々に完成させましょう。

 

 次回は実践編、間違いどころの疑い方について考えます(続く)。