ぶんぶんの進路歳時記

学習方法、進路選択、世界史の話題について綴ります

フィールドワーク 「差別意識のカラクリ」について考える

 私は職場で人権推進の係をしてる時、2016年の4月に障害者差別解消法、5月にヘイトスピーチの解消を目指す対策法、12月に部落差別解消推進法と立て続けに差別に関する法律案が可決されました。

 

 そこで1月に近畿大学人権問題研究所の奥田均教授をお招きし、「差別意識のカラクリを考える」と題して「部落差別」と「部落差別解消推進法」について学習会を行いました。

 「ブログに載せていいですか?」と伺ったら快諾を頂き、内容も見て頂きました。

 そろそろ人権週間なので本日はその様子を紹介して差別について考えます。

  

*法律の全文は法務省> 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 啓発活動 > 同和問題とは、で読むことができます。

第1条のみ引用します。

 

部落差別の解消の推進に関する法律
(目的)
第一条
この法律は、現在もなお部落差別が存在するとともに、情報化の進展に伴って部落差別に関する状況の変化が生じていることを踏まえ、全ての国民に基本的人権の享有を保障する日本国憲法の理念にのっとり、部落差別は許されないものであるとの認識の下にこれを解消することが重要な課題であることに鑑み、 部落差別の解消に関し、 基本理念を定め、 並びに国及び地方公共団体の責務を明らかにするとともに、相談体制の充実等について定めることにより、部落差別の解消を推進し、もって部落差別のない社会を実現することを目的とする。

 

 

 

講演の内容

 

 「部落差別」という言葉はよく考えるとイレギュラーです。「女性差別」「障がい者差別」は人が人にする差別です。「部落差別」だけが「エリア」を指す差別です。

 「部落出身者」とは誰を指すのでしょうか。「障がい者」の場合は、行政の立場だと「障害者手帳」を持っているかが基準です。もちろん手帳を持っていない人もいますから、基準には「幅」が存在します。

 しかし「部落出身者」は人によって基準が「異なり」ます。「2005年大阪府民調査」によると(数値は複数回答)「部落出身者」とは「同和地区に住んでいる人」という回答が約50%です。

 「本籍地が同和地区」という回答は40%です。戸籍の不正取得事件や、運転免許書から戸籍の記載がなくなったのは、部落出身者かどうかを戸籍で判断する人がいるからです。

 「出生地」で判断するという回答もあります(本人:37% 父母祖父母:26%)。

 大学生に同じアンケートを採ったら、ある学生が「私は『賤民の子孫』と思う」と言いました。そこで「じゃああなたは何の身分の末裔?」と尋ねましたが答えられません。

 確かに身分制度の時代は内婚制(同一身分内での通婚)でしたが、それはすでに解体し、今では「自分は何という身分の末裔か」を知らない人がほとんどです。

 

 「部落出身者」は血筋で表すことができない、「土地」だけは手がかりなので、その土地と接点がある(住んでいる、住んでいた、親族が住んでいる)人に対して差別をしている、属地的差別です。

 この理論なら誰でも「部落出身者」になりえます。「同和地区」に家を買って5年も住めば「部落の住人」ですし、生まれた子どもは本籍地も出生地もそこです。

 したがってそこに住めば、そこで生まれれば、そこの人と結婚したら「部落出身者」と見なされるかもしれない、だから避ける。これが「忌避意識」です。

 その典型が土地差別(物件選び)と結婚差別(パートナー選び)です。

 つまり差別は差別される人の側にあるのではなく、差別する人の頭の中にあります。


 今もネット等に差別的な書き込みがありますが、見下したり排除したりする攻撃的な差別をする人は少数派で、ほとんどの市民は無関心です。

 でも自分が「部落出身者」と見なされる可能性を避けることが、悪気はないにせよ結果的に差別を残すことにつながります。

 

 ではどうすればよいのでしょう。

 

 ひとつは「発想を転換する」です。

 野原に熊とウサギが住んでいます。ウサギは野原に線を引いて熊とウサギのエリアを分け、周りから熊に間違われるのを恐れてことさらウサギらしく振る舞おうとし、熊のエリアに近づかないようにしています。

 まさに部落差別は「一人芝居」です。

 ふたつの間に線を引いているのも私、周りの目を気にしているのも私です。「差別の不当性」を合理的に理解する前にまず「差別の無意味さ」、やっていることのばかばかしさを感じることです。

 

 もうひとつは「世間がそういうから」をなくすために世間を変える、言い換えると「差別をすると肩身が狭くなる世間」を作ることです。

 そのためには教育やマスコミの力が必要ですが、特に法律の役割は大きいです。

 最近だとタバコです。「健康に悪い」とさんざん言われても変化しなかったタバコに対する考え方が「健康増進法」で様変わりしました。


 部落差別解消推進法は、2016年に成立した一連の法律と同様、「差別を受けている人を救済する」対策法(注:部落差別に関しては地対財特法)ではなく「差別はしている側の問題」と考える理念法である点です。

 これは大きな発想の転換です。つまり差別は「コンプライアンス」の問題、「セクハラ」と同様に「してはいけない」「なくすべきもの」と位置づけられました。

 

 ただし部落差別解消推進法は「部落差別は存在している」と認め、国や地方公共団体に必要な施策を求めているだけです。その理念をどのように実体化するかは今後の課題です。

 

 

 

講演を聴いて考えたこと


 世の中に生まれながらに差別されてよい人などいません。何かのきっかけ(多くは利害関係)で価値の序列をつける必要がある、その時に「あの人は◯◯だから」と「違い」を後付けの理由にして自分の行為を正当化する、これが差別行為です。

 仮に「違い」をなくしても、差別したい人は新しい「違い」を見つけて差別します。だから差別はする側の問題といえます。

 

f:id:tokoyakanbannet:20170712145530p:plain

 

 生徒を含め多くの人々は「私は差別をしていない」といいます。それは喜ばしいことなのですが、「差別される存在があって、それを差別する人はいるけど私はしていない」と、「差別はするから起きる、だから私はしないし、している人に注意する」とでは原理が違います。

 今回の「忌避意識」はまさに前者の考えの人を直撃します。「私は差別は関係ない」と思っていた人が住居やパートナー選びで「自分が差別される側に立つかもしれない」と感じるのです。差別は誰の問題なのか、一寸立ち止まって考える必要があります。

 

 部落差別解消推進法は理念法で、部落差別が存在すること、行政が解消に責任を持つことが示されていますが、何が「部落差別」に当たるかや具体的な施策は書いてありません(「部落出身者」の定義も条文にはありません)。

    しかし一連の法律と同様に「差別はする人の問題」というパラダイムシフトにはなりました。

 

 差別が行為である以上、私たちはみな被差別・加差別両方の当事者になり得るし、同時になくす当事者でもあることを肝に銘じたいです。

 

  奥田先生、ありがとうございました。

三年生11月 受験生と保護者の「不安」について考える

 11月になりました。受験生はここからは受験一色です。


 とはいえ9月、10月の模試の結果で第一志望が軒並みE判定、ラストのマーク模試や記述模試が惨憺たる結果だと、「合格できるのか」と不安になることがあります。

 また3年の夏休みから受験勉強を始めた生徒は、残り2ヶ月で5教科7科目を仕上げることがいかに困難であるかに気がつき、「推薦で終わりにしたい」「社会は捨てた」「数学が不要な大学ないですか?」などそわそわし始める頃です。

 

f:id:tokoyakanbannet:20171031122326p:plain

*発展 親切な担任の先生はこの時期「後期も中期も出願しろ」「国公立出願の第2パターンを考えろ」とアドバイスしてくれます。「第一志望は無理」と宣告されているみたいに聞こえるのは考えすぎです。


 先日、河合塾スクールカウンセラーである野田裕美子さんの講演を聴く機会がありました。

 臨床心理士・医学博士の野田さんは認知行動療法がご専門で、長年受験生や保護者のメンタルサポートに携わり、現在は医療機関や企業などで幅広い層の心のケアに活躍されています。

 主に受験生を抱える保護者向けの話でしたが、参考になることがありましたので、了解を得てその要旨を紹介し、受験生のストレス軽減方法について考えます。

 

 

 

講演の内容

 

1 思春期の心の発達について

  •  思春期から青年期への移行は「自律」から「自立」への移行である。
  •  「自律」は自分の行動を自分でマネジメントできること。
  •  「自立」は自分の「生活」(衣食住)、「経済」(生活に必要な金の出入り)「精神」(自分の気持ち)をマネジメントできること。
  •  保護者の仕事は子どもが「自立」のゴールを切れること。
  •  しかし最近は「自律」があやしい生徒が少なからずいる。自分の気持ちが「自分の持ち物」になっていないため自分で決められない、自分が「どうしたい」かが分からない。
  •  原因のひとつは保護者との関係。「何を言っても聞いてもらえない」「答えがあって考える余地が与えられない」と感じると、考えるのが面倒くさくなることがある。
  •  思春期は「心の交通整理の初心者」。自我とは「したいこと」(本能)と「するべきこと」(超自我)とのバランスを取ること。保護者は「大目に見る」。「こうすればいい」と指導するよりは、できるように見守る。

 

2 「不安」とは何か

 

  •  不安を感じると人間は「逃げるか戦うか反応」”flight” or “fight” を起こす。これは非常時における生体の正常な反応である。
  •  具体的には逃げる(戦う)に必要な筋力、呼吸、循環器の機能が上昇し、不必要な消化器の機能が低下する。
  •  しかし人間は現在文化的な生活をしているので、逃げたり戦ったりすることで不安は解決しない。そのため脳は身体の変化それ自体をさらに「不安」と感じ、反応が増幅する。
  •  パフォーマンスを上げるためにはある程度不安や緊張があった方がよい。しかし緊張がある一線を越えると急激にパフォーマンスは落ちる。

 

3 「不安」と上手に付き合う

 

  •  不安と上手に付き合うには「レジリエンス」(心の復元力)が必要である。「不快にならない」ではなく「不快なことがあっても崩れない」。
  •  保護者は子どもの「不安を消そう」と応援するよりも、「そういうこともあるよ」と不安を否定しない方がレジリエンスを高めることにつながる。
  •  レジリエンスは学習によって修得できる。穏やかに人と関わりを持つ、柔軟に物事を受け入れる姿勢を身につける。
  •  受験は「収束思考」。答えがひとつでいかにそこに最短距離でたどり着くかを競う。創造性は「拡散思考」。ひとつの答えにこだわらない柔軟さが必要。
  •  不安と上手に付き合うには「自己効力感」(自分が「何かをやっている」という実感)と「自己肯定感」(自分は「こんなものかな」という実感)が必要。
  •  不安と付き合うための方法のひとつが「Doingモード」と「Beingモード」の切り替え。
  •  「Doingモード」では、例えば悪い成績を取ると人間は「希望の大学に行けない」「どうしよう」と「do」で考える(認知)。その結果いらいらし(気分)、おなかが痛くなり(身体反応)、教科書を開くが頭に入ってこない(行動)。
  •  「Beingモード」は、この「認知」と「行動」を変える。つまり自分は「今どうあるのか」を大事にする。
  •  例えばペットが死んだ時、「泣いてばかりだとあの子が天国に行けないからやめよう」と思えば余計につらくなる。むしろ「私は悲しい」という気持ちと付き合う。

 

4 受験期のお子さんと向き合うヒント

 

  •  ひとりの人間として敬意を持って、まず彼らの世界観 ”internal reality” を教わる。これを受け止めた上で助言する。
  •  できれば余裕を持って、少し距離を取って見るもよし。
  •  「でも」「だけど」はやめてみる。賛成かどうかは別としても「ふーん」「なるほど」とまずは受け止める。
  •  急がず、気負わず、指導せず。
  •  普段の生活は「Beingモード」で。試験だけの生活を中心にすると視界が狭くなる。自分が今どういう状態にあるか、客観視できる心の余裕を育む。

 

 

講演を聴いて


 カウンセラーさんとお話しする機会がありますが、生徒、保護者、教員、誰かと話す時は必ずまずちゃんと相手の思いを受け止めます。

 

 教員はどうしても「○○したら?」とすぐ解決方法を言いたがります、つまり「Doingモード」です。「相手がどうあるのか」「何を考えているのか」をまず受け止めることから始めたいです。

 また保護者も教員もつい生徒の先回りをして不安を取り除こうとする傾向にあります(担任顔負けの出願指導をする保護者もみえます!)。

 もちろん悪気があるわけではない、むしろ愛情からの行為ですが、それが生徒の不安に対する耐性を弱めたり、かえって生徒の不安の原因になるなら逆効果です。

 

 「私たちのゴールは何か」について目線を合わせなければと思いました。

 

*発展:学校にとっては「進学実績」(地域の評価)よりも、生徒の自己実現の方が優先なのですが、アンテナが敏感になっている受験生は先生の言葉の端々から「先生がどっちを向いて話しているか」を微妙に嗅ぎ取ります。それが生徒の不安を増幅させることにもつながります。注意したいです。


 不安はひとつ取り除けばまた出てくるものです。「不安や緊張感を楽しめ!」って言いますが、受験のまっただ中にいるとそんな余裕はなかなか持てないです。

 せめて不安はただちに解決すべきものではなく、うまくつきあいながらしのいでいくもの、と視点をチェンジすることが必要と感じました。

 

 あと受験生の皆さん、緊張しておなかが痛くなるのは自然の摂理です! そういうものだと割り切りましょう!(整腸剤は持っていた方が安心です)。

  

 野田さん、河合塾のみなさん、ありがとうございました。

 

河合塾のページ

www.keinet.ne.jp

 

去年の記事 別のカウンセラーさんの講演

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

私大の世界史「差がつく」部分で得点する(マーク式1)

 入試問題は基本満点が取れないようになっています。

    世界史で合格点を取るためには、教科書に載っている世界史の用語のうち「マスト」と「差がつく」を覚えて「ドボン問題」(教科書に載っていない場合あり)を捨てるという「目利き」が必要になります。

 

 「目利き」の判断基準は、その大学の過去問に暗示されている「こういうことができる、こんなことに関心がある生徒が欲しい」という「影のアドミッションポリシー」に拠ります。

 そのポリシーは、おおむね次の4点です。

  1. 「態度」(授業と受験勉強を丁寧にやっている)
  2. 「知識・技能」(知識が正確で関連づけられる)
  3. 「思考・主体性」(問題意識を持って学習に取り組んでいる)
  4. 「当該大学への愛着」(過去問研究)


 私はこのポリシーに沿って出題される用語を出題パターン・難易度・用語の内容で分類し、授業で覚える、演習で追加する、忘れる(笑)など評価しています。

 今回は具体的に入試問題を使って問題の難易度を分類し、その大学のふるい落としポイントで「しがみつく」ための勉強方法について考えます。


 著作権の範囲内で行いますので入試問題は掲載しません。

 大学のHPに入試問題や解答がアップされているものを利用します。受験生は自分でHPに当たってください。


*難易度は「その問題を解くのに必要な学習時間と頭を使う量」で判断しています。私は毎年センター試験の日に問題に難易度をつけて、翌日自己採点の際に正答率調査をしています。80点以上取る生徒は◎と〇はほぼ解答、△は五分五分(90点以上の人は正解)、▲は知らない場合が多いです。

 

凡例

出題パターン

  • トピック(トピ) 一問一答の知識
  • ヨコ整理(ヨコ) 1つのテーマの複数内容を整理
  • タテ整理(タテ) 1つのテーマを時代横断で整理
  • 地図資料(資料) 地図や図版の解読
  • 年号時代(時代) 何世紀か、何時代かの判断

 

難易度

  • ◎ マスト知識
  • 〇 できないと差がつく。一周目から気をつけて覚える
  • △ できると差をつけられる。二周目の知識。センター9割ライン
  • ▲ 答えられるとかっこいいが無理に覚えなくてよい。難関大学向け
  • × ドボン問題

 

用語の内容


さ 最初・最大・最後 ふ 複数回出現 に 日本もの つ セットもの

と 特徴 て 転機  芋 事項のいつどこ誰何

ま 紛らわしい や ややこしい こ 事項の細かいいつどこ誰何

り 理屈・推理 ぜ 有名事項の周辺知識 ゆ 由来もの て 抵抗もの

ク 他教科クロスオーバー グ グローバルもの

 

 

例1 京都橘大学 2017年

 入試問題、3日程分の概要、予備校の問題解説が載っていて親切です。

    トップページ→入試サイト→入試情報→過去問題・解答例 

 

 

設問

形式

出題

出題内容

正誤判断

1

問1

一問

トピ

七年戦争と同時期の戦争

 

2

問2

正誤

トピ

茶法の内容

結果

3

問3

組み

トピ

武装中立同盟

 

 

4

問4

組み

資料

ラテンアメリカ古代文明

 

5

問5

一問

トピ

モンロー

 

 

6

問6

正誤

トピ

ハイチの独立

用語

 

7

問7

一問

トピ

カリフォルニア割譲

 

 

8

問8

正誤

ヨコ

奴隷解放宣言の時期

順序

 

9

問9

一問

トピ

反トラスト法

 

10

問10

一問

トピ

アメリカ=スペイン戦争

 

 

11

問11

正誤

ヨコ

T.ローズヴェルト

用語

 

12

問12

一問

トピ

棍棒外交

 

13

問13

正誤

時代

アメリカWW1参戦の契機

用語

14

問1

正誤

トピ

贖宥状販売の目的

用語

15

問2

一問

トピ

ミュンツァー

 

 

16

問3

一問

トピ

トリエント公会議

 

 

17

問4

正誤

時代

教皇のバビロン捕囚時期

用語

18

問5

一問

資料

ブルグンド王国

 

19

問6

正誤

ヨコ

カルヴァンの著書

用語

20

問7

一問

タテ

イングランドカトリック復活

 

 

21

問8

正誤

ヨコ

エリザベス朝の囲い込み

用語

22

問9

整序

時代

ヴァロア朝成立の時期

 

23

問10

正誤

ヨコ

ユグノー戦争開始の国王

結果

24

問11

一問

トピ

三十年戦争きっかけ

 

 

25

問12

正誤

ヨコ

ウェストファリア条約内容

結果

26

問1

組み

トピ

ガーナ王国の衰退

 

27

問2

正誤

タテ

マリンディの歴史

用語

28

問3

組み

トピ

サーマ-ン朝とカラハン朝

 

29

問4

一問

トピ

新疆

 

30

問5

正誤

タテ

マニ教の歴史

用語

31

問6

事項

年号

古代インド王朝

 

32

問7

正誤

タテ

パキスタンの歴史

用語

 

33

問8

組み

トピ

アイバクとバーブ

 

 

34

問9

一問

地図

デリーの位置

 

 

35

問10

正誤

トピ

シク教の勢力範囲

用語

36

問11

正誤

タテ

ムガル皇帝の整理

用語

37

問12

正誤

トピ

ジャワ島の歴史

地域

 

38

問1

一問

タテ

唐の最大領域の皇帝

 

 

39

問2

正誤

ヨコ

唐と周辺国

用語

40

問3

一問

トピ

朱全忠

 

 

41

問4

正誤

ヨコ

五代の出来事

時代

 

42

問5

正誤

ヨコ

宋と周辺国

用語

 

43

問6

正誤

トピ

両税法の内容

用語

 

44

問7

組み

トピ

三省六部

 

 

45

問8

正誤

ヨコ

王安石の新法

用語

 

46

問9

正誤

時代

唐の文化史

時代

47

問10

正誤

時代

宋代の江南

時代

48

問11

一問

トピ

宋の貨幣

 

 

49

問12

組み

資料

北宋南宋の首都

 

 

50

問13

正誤

時代

宋の庶民文化

時代


 難易度

24

16

7

3

50

 

出題の形式

一問一答

16

組み合わせ

7

正誤判定

25

事項整序

2

50

 

正誤判定の間違いポイント

用語すり替え

16

結果の違い

3

時代の違い

4

地域の違い

1

順序の違い

1

25

 

 

全体の印象

    

 一問一答と正誤判定が大半で、センター試験や近隣の関西私大との併願を意識した構成です。

   難易度もセンター試験レベルです。80%までは難しくありません。

 範囲も定番のところが中心で、受験生が手が回らない古代メソアメリカ文明、アジアやアフリカのイスラーム王朝、20世紀史が「ふるい落とし」ポイントですが、センター試験高得点には必要な部分です。

 世界史が得意でなくても、授業を大事にしてセンター試験や併願私大の準備をちゃんとしている生徒を求めているようです。よく練られています。

 

 合否に直結する〇問題合計16題の内訳は以下の通りです。

  紛らわしいもの 6

  理解を問われるもの 5

  細かい知識 2

  単元をまたいで2度出てくるもの 2

  ややこしいもの 1

 

 これらを解答するための学習ポイントを考えます。

 

 

紛らわしい


Ⅰ-問4:古代メソアメリカ文明の名前、特徴、位置の組み合わせ。センター試験の定番ですがよく間違うところ。紛らわしいものは表にして復習する。

Ⅱ-問8:囲い込みのすり替え。1が出てきたら2や3はないか確かめる。

Ⅲ-問1:ムラービト朝ムワッヒド朝か、似ているものは狙われる。

Ⅲ-問5:マニ教についての整理。「ダライ=ラマ」はチベット仏教なので誤りとすぐわかるが、選択肢「アルビジョワ派に影響を与えた」は「えー!」と迷うところ。「誤り選びでは知らないことは正しいことが多い」は受験場の最終手段。

 

f:id:tokoyakanbannet:20171024224514p:plain

いらすとやさんのエリザベス1世。

第一次囲い込みは16世紀、ジェントリが共有地を囲い込んで羊毛の生産拡大、第二次は18世紀、穀物生産用の資本主義的農場経営のため(議会は立法によって奨励)。  

 

 

理解が必要

 

Ⅰ-問2:法律は名前だけ覚えて終わりにしない。必ず内容も押さえる。

Ⅰ-問13:センターや私立の正誤問題の定番。「イギリスはドイツがベルギーの中立を侵犯したことを口実に参戦」「アメリカ合衆国はドイツの無制限潜水艦作戦を機に参戦」など、出来事の因果関係を理解する。Ⅱ-問3も同様。ヴァロア朝成立にエドワード3世がいちゃもんをつけて百年戦争開始。

Ⅱ-問12:有名な条約は内容も覚える。「アルザス」は年配の人にはドーデ『最後の授業』で有名な場所で、長年の独仏の対立を経てヨーロッパ石炭鉄鋼共同体の発足に至る。現代につながる出来事は生徒が問題意識を持って勉強しているか試すために出されることが多い。

 

*発展 「ウェストファリア条約スウェーデンが西ポンメルンを得た」は私立大学で最近よく見かけます。バルト海の覇者となったスウェーデンと、バルト海進出を図るピョートル1世が起こす北方戦争へのつなぎの知識としましょう。あとポメラニアンはかわいいですよね!(笑)

 

 

細かい知識が必要


Ⅳ-問9:王羲之東晋の人。文化史は人名だけでなく時代と作品も覚える関関同立ではマスト知識。

Ⅳ-問10:宋は「蘇湖熟すれば天下足る」明は「湖広熟すれば天下足る」と用語だけ覚えてもダメ。中国の経済史は内容、理由、背景も覚える。前者は囲田と占城米、後者は長江下流で綿花や桑など商品作物の栽培が拡大、を覚える。

 


まとめ

 

 国公立大学を目指す現役生は5教科7(8)科目とやることが多いので、ついつい「世界史は用語だけ浅く覚えて終わり」となりがちですが、それではセンター試験で高得点は望めませんし、私立大学で合格点が取れません。

 

 第一段階は、教科書を読み一問一答でチェックする際に用語だけ覚えるのではなく、教科書本文および一問一答の文章部分にも注意し、ストーリーで理解することを心がけましょう。

 第二段階は、定期考査、演習、模擬試験を復習する際に紛らわしいものをセットにして判別したり、各国史、テーマ史と別の視点で知識を組み替えて復習したりして、どのような聞き方をされても対応できる練習をしましょう。

 

間違いノートはこちら 

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

 

 次回は別の「ふるい落とし」の大学を解説する予定。