ぶんぶんの進路歳時記

学習方法、進路選択、世界史の話題について綴ります

2020年度の「大学入学共通テスト」について考える(3 AO・推薦も学力重視?)

2020年度(2021年度入試)からの「大学入学共通テスト」、第3回はそれに伴う入試改革についてです。

 

前回

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

 

文部科学省のHP 大学入学者選抜改革について (PDF)

高大接続改革の実施方針等の策定について(平成29年7月13日):文部科学省

 

参考 同 平成30年度大学入学者選抜実施要項 (PDF) 

入学者選抜実施要項:文部科学省

 

 

5 入試制度の名称変更と改革


 高大接続システム改革会議「最終報告」の策定を受けて、「平成33年度大学入学者選抜実施要項の見直しに係る予告」と題して「大学入学者選抜に係る新たなルール」がうたわれています。

 各大学が入学者選抜をする際に「学力の3要素」を多面的・総合的に評価するものへと改善することが求められています。

 具体的には「一般入試」「AO入試」「推薦入試」の見直しです。

 

(1)「AO入試」⇒「総合型選抜」

 「大学入学者選抜実施要項」(以下「実施要項」)の「知識・技能の修得状況に過度に重点をおいた選抜とせず」の文言を削除し、「各大学が実施する評価方法等又は「大学入学共通テスト」のうち、少なくともいずれか一つの活用を必須化する」となっています。

 学校独自の評価方法として「小論文、プレゼンテーション、口頭試問、実技、各教科・科目に係るテスト、資格・検定試験の成績」があげられています。

 また「志願者本人が記載する資料(活動報告書、大学入学希望理由書、学修計画書)を積極的に活用する」とあります。

 

*発展:すでに高校の総合学習では「ポートフォリオ評価」(学習に使用したグッズをファイリングして学習プロセスを評価する)が行なわれています。

 

(2)「推薦入試」⇒「学校推薦型選抜」

 「実施要項」の「原則として学力検査を免除し」の文言を削除して、「調査書・推薦書等の出願書類だけでなく、各大学が実施する評価方法等又は「大学入学共通テスト」のうち、少なくともいずれか一つの活用を必須化」します。

 

 「AO・推薦入試で入学した学生の学力」を問題視する声は前々からありました。

 学校現場としては、「調査書と面接だけで合格」「2学期開始前に合格が決まって燃え尽き」だと学校の秩序が(笑)いやいや生徒が大学に行ってから困るので、学力試験必須化と合格発表の後ろ倒し(後述)は有り難いです。

 

f:id:tokoyakanbannet:20170903012038p:plain

 

こちら

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

 

 しかし、続きがあります。

学校長からの推薦書の中で、本人の学習歴や活動歴を踏まえた「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関する評価を記載すること、及び大学が選抜に当たりこれらを活用することを必須化する。

 

よよ?

 

 現状でも国公立大学の推薦書はA4表裏びっしり記述しますが、「人物」「学業」など「くくり」は大きめでした。この文言だと学習活動の記録を3観点から詳細に記述することになります。

 

先生、仕事が増えますよ!

 

*発展:私立大学の公募制推薦入試、関東は志望理由書や面接を重視する大学が多いと聞きますが、関西は評定平均値を点数化し「基礎学力検査」を課す学力重視型が、規模の大きい大学に多いです。そうした大学の推薦書フォームは比較的簡素でした。

 

(3)「一般入試」⇒「一般選抜」

 従来はほぼ筆記試験一発勝負でしたが(もちろん大学は今も調査書も評価していますよね?)、今後は「調査書や志願者本人が記載する資料等の積極的な活用を促す」となっています。

 つまり、ペーパーテストでは「「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を測り、調査書で「主体性」を評価しましょう、ということです。

 ということは、調査書に学力の3要素について達成状況を観点別に書く必要があります!

 今の調査書はA4表裏、各学年の学習状況に特別活動の記録などが記載されていてスペースはありません。そこに観点別を書くとなると収まり切らないです。二枚組みですかね。

 さらに「本人が記載する…」は、先述の「ポートフォリオ」でしょうか。当然添削する必要があります。一般入試で?

 

先生、さらに仕事が増えますよ?!

 

*発展 文科省は調査書の電子化も検討するそうです。なお現在の調査書の様式は「実施要項」のリンクの中にあります。

 

 また、こうも書いてあります。

「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を的確に評価するため、「大学入学共通テスト」の積極的な活用を図るとともに、個別大学における入学者選抜においても教科・科目に係るテストの出題科目の見直し・充実などに取り組む。

(中略)

 例えば、国語を中心として、複数の素材を編集するなどして、自らの考えを立論し、さらにそれを表現するプロセスを評価できる記述式問題の導入・充実に向けて取り組む。

 

 「知識を吐き出す」問題はやめてください、ということです。

 また「受検生に英語の試験を課す場合、4技能を総合的に評価するよう努める」ともなっています。

 この思考力・表現力重視の入試問題や英語の外部検定利用は、すでに一部大学で実施されています。

 つまり、個別入試は暗記だけではない、より思考力や主体性が問われるものになる、ということです。

 

入試が難しくなる?!

 

*発展:あんまり言いたくないですが、入試難易度と入試問題の難易度に相関関係があります。

*発展:大学入試センターが私立大学に記述式の問題を提供するのは可能だそうです。しかしそれを使う大学は同じ日に入試を行う必要がある模様で、現実的ではなさそうです。

 

 

6 出願時期、実施時期、合格発表時期の後ろ倒し・前倒し


 「総合型選抜」は、出願を現行の8月1日以降から9月1日以降、発表も11月1日以降に、「学校推薦型選抜」は現行通り11月1日以降出願、発表は12月1日以降と明記されました。

 「一般選抜」は、開始は現行通り2月1日からですが、試験と手続きを年度内に終わらせるとしています(従来は4月まで可能)。


 問題は「共通テスト」の成績提供時期です。

 「共通テスト」の実施期日は、1月中旬の2日間、マークシート式問題と国語、数学の記述式問題は同一日程で、当該教科の試験時間内に実施します。

 当然、採点により時間がかかるので、成績提供時期は「現行の1月末から2月初旬頃から、1週間程度遅らせることを検討する」(平成29年度入試の場合、私立1月31日、国公立2月2日)とあります。

 

むむ?

 

 現在私立大学の多くは「センター利用入試」を実施しています。受験生には大学に行かなくていいし受験料も安い、マークミスのチェックにも使える、大学も人件費が節約できて多数の出願者が期待できる、とお得な入試です。

 

 しかし、データ提供が遅れるとなれば事情が違います。

 

 国公立の前期入試前にセンター利用の合否が発表できるかが微妙だと、出願が減る可能性があります。

 また国公立大学と併願関係が強い私立大学は、国公立大学の前期試験前に合否を明らかにして、早めの手続きを待ちたいものです。

 さらに「共通テスト」はマーク式と記述式の成績を「一括提供」します。記述式や英語の成績は段階別ですが、一般入試では1点の差で何百人の合否を決する必要があります。

 

 このデータ提供の遅れと段階別評価から、私立大学には「共通テスト」は使いづらいのでは、という意見も出ています。

 

日本私立大学連盟

 

www.shidairen.or.jp

*発展:多くの私立大学はセンター利用方式で国語は「近代以降」のみの利用でしたが、「共通テスト」は「国語」一括提供になります。

 

 

 まとめ

 

 2016年5月に出された文部科学大臣のメッセージ「教育の強靱化に向けて」に、

 

 「ゆとり教育」か「詰め込み教育」かといった、二項対立的な議論には戻らない。知識と思考力の双方をバランスよく、確実に育むという基本を踏襲し、学習内容の削減を行うことはしない。

 学校教育のよさをさらに進化させることを目指し、「学校教育を通じてどのような力を育むのか」を明確にして育成する。
 「アクティブ・ラーニング」の視点は、知識が生きて働くものとして習得され、必要な力が身に付くことを目指すもの。知識の量を削減せず、質の高い理解を図るための学習過程の質的改善を行う。

 
 とあります。

 

教育の強靭(じん)化に向けて(文部科学大臣メッセージ)について(平成28年5月10日):文部科学省

 

 確かに知識は学力の大前提、思考力もプレゼン能力も不可欠、共同作業も必要です。「学力の3要素」「英語4技能」も身につけたいです。

 高校はそれを養い、適切に評価して大学に伝え、大学は生徒にその力が本当についているかを試す。仰る通りです。小手先の受験テクニックで大学に合格しても意味がありません。

 

 しかしそれらすべてを高校で完成させ、大学入試で評価するのは欲張り過ぎ、「学力の3要素+4技能」の新たな「詰め込み」にならないか心配です。

 今後プレテストが実施されるので、高校現場がパンクしないように、入試で何をどの程度評価するか、精査してほしいです(切なるお願い)。

 

*発展:今の学校は学力向上以前の仕事が多すぎです。『週間東洋経済』の9月16日号を読んで下さい。しかも私の知り合いは部活や授業準備より生活指導の方が多いです。

「一日看護体験」で手洗いを学ぶ

 先日生徒が「一日看護体験」に参加したので、受け入れ病院にご挨拶および生徒の様子を見に行きました。

 

www.mie-nurse.or.jp

 

 「一日看護体験」は県と看護協会が中心になって、高校生・高等学校専門生が看護師の仕事を体験する行事で、県内各地の病院で行われます。

 私は伊賀市立上野総合市民病院へ行きました。生徒たちがナース服に着替えて(画像なし)各病棟に分かれて体験をしますが、その前に全員で「手洗いの実習」をするので混ぜてもらいました。

 

伊賀市立上野総合市民病院

 

病院のマスコット。

f:id:tokoyakanbannet:20170806114020p:plain

 


 講師は感染防止対策室の感染管理認定看護師さんでした。


*発展:「認定看護師」は日本看護協会の資格で、看護師免許取得後実務研修が通算5年以上ある看護師が(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)、認定機関の課程を修了し(6か月・615時間以上)、認定審査にパスすると「認定看護師」に登録されます。5年ごとの更新には実践報告の提出が必要です。

 

研修の概要

 

 病院は様々な病気を持っている人が集まる場所です。体力や気力が通常よりも落ちていますし、治療の結果免疫力が低下している方も見えます。特に伊賀市高齢化率は31%(全国26%)、入院患者の中にも80代、90代の方が見えます。

 医療従事者はそうした人たちに常に接していて、治療や看護のために手で触ることが多いです。医療従事者が感染経路になることは避けなければいけません。

 

 感染症で気をつけなければいけないのは細菌(一過性菌や常在菌)とウイルスです。
    私たちの体には常在菌が無数に付着しています。それらは私たちの体を守ってくれる一方、体のバランスが崩れると私たちを攻撃することもあります。

 細菌は生きた細胞の中で増殖するウイルスとは違って、水や栄養分で増殖します。いい栄養状態だと30分に1回分裂するので、一晩で約一億個に増えます!

 細菌が医療行為を介して抵抗力の弱っている患者にとりつくと大変なことになります。だから手洗いは非常に重要です。

 


 ではまず手指消毒から。

f:id:tokoyakanbannet:20170806111918p:plain

 指先→手のひら→手の甲→指の間→親指→手首の順で消毒液をすり込みます。

 

 実習のために蛍光塗料が入ったものを使いました。手になじませた後、ブラックライトを使って全体まで消毒液が行き渡っているか見てもらいました。

f:id:tokoyakanbannet:20170806112313p:plain

 

 次に手洗いで消毒液を落としました。

f:id:tokoyakanbannet:20170806112359p:plain

  手のひら→指の間→手の甲→指先→親指→手首→水洗い→ペーパータオルで拭き取る→ペーパータオルで蛇口を閉める。

 

*発展:蛇口以外にもドアノブ、キーボード、点滴の機械、エレベーターのボタン(人気刑事ドラマの劇場版?)など、不特定多数が触るところは要注意です。

 

 

 ブラックライトを当ててみて消毒剤が落ちているかを見ました。

f:id:tokoyakanbannet:20170806112428p:plain

 


 え、全然落ちてない!

 

 

 看護師さんに「先生の手はいいサンプルだからみんな見に来てください」と言われました(笑)。私は手荒れが激しいらしく、手のひらに無数の細い溝があって、ブドウ球菌などが入り込みやすいとのことです。

 いかん、ちゃんと手洗いします(反省)。


 その他、マスクやエプロンの正しい付け方、ゴム手袋の正しい外し方を教えていただきました。


*発展:医療行為をして汚れた手袋を何となく外すと手に汚れがついてしまいます。まず汚れている片方の手袋の手のひら部分をもう一方の手でつまんで外します。次に手袋を外した方の指をもう片方の手袋の手首部分にいれて、手袋を裏返すように(先に外した手袋も巻き込む)取り外します。そうすれば手を汚さずに2つの手袋がコンパクトかつ汚れが内側になって取り外せます。


 医療従事者はそれぞれ「マイ消毒液」を身につけています。一人の患者さんのケアをしたら必ずそれで消毒して、次の患者さんのケアをするそうです。

 

 

感想

 

 医療従事者は直接命を預かる仕事です。「人間の尊厳を守る意思」「責任感」「的確な判断力と迅速な行動力」が求められます。

 だから「誰でも感染症を持っている可能性がある」という前提で行動して感染症を防ぎます。その第一歩が「手洗い」です。

 

 私の高校には看護師を志望する生徒が毎年約10人います。最初の動機が「手に職をつけたい」という人もいますが、必ず医療の現場に行って看護師さんの話を聞き、仕事を体験してほしいです。

    生徒たちはその後小グループに分かれて病棟で看護体験をしました。

    感想を聞きましたが、生徒は看護師や患者さんと直接関わる中で、「看護の仕事とは何か」「看護師さんのすごいところ」「しんどい部分とやり甲斐」について肌で感じたそうです(内容は企業秘密。体験しましょう)。

    さらに看護職について掘り下げた結果、「わたしは必ず看護師になる」と覚悟して受験してもらいたいです。

 

 そして教員も責任が重く、やり甲斐がある、覚悟が必要な仕事です。

 だから手洗いをちゃんとしないと(笑)。

 

  伊賀市立上野総合市民病院には看護部長さんをはじめ、たくさんの方にお世話になりました。どうもありがとうございました。

2020年度の「大学入学共通テスト」について考える(2 英語の外部検定)

    2020年度(2021年度入試)からの「大学入学共通テスト」について、今回は英語の外部検定試験活用についてです。

 

前回

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

 

参考 文部科学省HP 主に「大学入学選抜改革について」より

高大接続改革の実施方針等の策定について(平成29年7月13日):文部科学省

 

 

 

4 英語の外部検定利用

 

(1) センター試験の英語で十分では?

 

 「大学入学者選抜改革について 」によると、「グローバル化が急速に進展する中、英語によるコミュニケーション能力の向上が課題となって」いるそうです(「外圧」理論?)

 英語については「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能をバランスよく身につけることが学習指導要領でうたわれていて、高校では英語の授業は英語を用いて行うことが基本です(みなさんの学校も当然そうですよね?)。

 

f:id:tokoyakanbannet:20170824151224p:plain

 

 ところが大学入試センター試験は2技能(読む、聞く)です。リスニング試験も30分のためにすごい労力をかけています。「書く」「聞く」を50万人規模で一度に試験し、短時間で採点するのは不可能です。

 しかし文部科学省は4技能を大学入学者選抜で評価したい(入試科目になると高校生の気合いの入り具合が変わる?)、そこで英語については「民間の資格・検定試験のうち、入学者選抜に活用する上で必要な水準および要件を満たしているもの」を大学入試センターが認定し、活用するということです。

 

*発展:外部検定でも「話す」試験は大変、時間も人件費もかかります。インタビュー形式の英検は一次合格者、TEAPは全員が昼食休憩後です。TOEFL iBTはインターネット、GTECはタブレットを使います。

 

 

(2) 検定試験ってそれぞれ問題、難易度、成績、価格が違いますよ?

 

 大学入試に利用する以上は検定と学習指導要領との整合性(教科書より簡単/難しすぎは困る)や検定の信頼性(採点とスコア)が求められます。

 そこで文部科学省は、採点の質やスコアの客観性を確保すること、都道府県で複数回実施すること、受験料を抑制することを実施団体に求めるとしています。

 

「大学入学者選抜改革について 」35頁のスクリーンショット

f:id:tokoyakanbannet:20170827095324p:plain

 

英語4技能資格・検定試験懇談会の「試験情報サイト」に詳しい比較があります。

4skills.jp

*発展 河合塾の調べによると、表の検定はおおむね学習指導要領や教科書の語彙をカバーしています。センター試験の語彙は、教科書カバー率が高い代わりに難しいものは少なめです。当然ですが、よく考えて作られているということです。

 

①  スコアの客観性

 それぞれの資格検定試験のスコアがCEFR(セファール)の6段階のどこに該当するかを主催団体に「自己申告」させています。

 大学入試で要求されるレベルはB1「自立した言語使用者」としています(CEFRの段階別CANDOリストは前掲36頁)。

 前掲、37頁のスクリーンショット

f:id:tokoyakanbannet:20170827095426p:plain

 

*発展:CEFRは(Common European Framework of Reference for Languages :Learning , teaching , assessment)の略で、「ヨーロッパ言語共通参照枠」と訳します。

 多言語が行き交うヨーロッパでどの言語でどれくらいの語学力(特にその語学を使ったコミュニケーション力)があるのか、共通して測る物差し(A1~C2の6段階)として欧州評議会(Council of Europe)が20年以上研究し開発したもので、2001年から公式に活用されています。現在では38の言語に対応した国際基準になっています。

 「私はドイツ語圏出身なのでドイツ語はC1、フランス語はB2、英語はちょっと苦手でA1です」みたいな感じです。 

 んー、つまりEU言語圏の中での尺度ですよね? グローバル?

 次期学習指導要領では「小・中・高等学校で一貫した目標を実現するため、外国語の能力を総合的に評価するCEFR等を参考に、段階的な「国の指標形式の目標」を設定するとともに、統合的な言語活動を一層重視する」とのことです。

 


② 価格・場所・回数

 価格に関しては、認定試験の実施団体に対し「共通テスト受検者の認定試験検定料の負担軽減方策や障害のある受検者のための環境整備策を講じることなどを促す」としています。

 場所に関しては全都道府県での実施が求められています。

 前掲の表によると4技能で1万円を切っているもの、全都道府県で実施できているのは現時点では一部です。

 「TEAP」は「個別試験の代わりに外部試験を利用する」目的で英検と上智大学が共同開発した検定です。アカデミックな内容を含み、首都圏の大学を中心に利用する大学が増えています。

 「IELTS」と「TOEFL」は留学審査の指標として大学生の間では有名です。

 ただしこれらは受験会場が限られていて、お値段も比較的高額です。

 

ん、それって、ひょっとして?!

(しっ! 声(以下略))


 なお試験に有効なのは高校3年生の4月から12月の2回までとのことです(有効期限や既卒者の扱いは今後検討)。

 あれ、私の教え子3人は「3年生になって検定受けていたら勉強の邪魔」だから2年生で英検準1級に合格しました。有効期限は2年間のはず。

 

 

③ どうやって検定のスコアを利用するの?

 受験者は認定試験出願時に大学入試センターへ自らの成績の送付を実施団体に依頼します。団体は受験者の成績を大学入試センターに送付し、センターは各大学の請求に基づき共通テストの成績と共に認定試験の成績を大学に提供します。

 

 大学のスコアの利用方法は次の4つが考えられます。すでに行われています。

 1 スコアを出願の条件にする(上智大学青山学院大学東京海洋大学

 2 スコアを外国語試験の「みなし得点」とする

  (国際教養大学のC日程 英検準1級はセンター試験の英語を満点と換算)

 3 スコアを外国語試験の得点として(全部or一部)利用する

  (青山学院大学 早稲田大学国際教養学部(リスニングの代替))

 

    しかしCEFRは6段階、私立入試のように1点刻みで何百人の合否を分けなければならない場合、「みんなB1」では差のつけようがない気がします。

 

まとめ

 

 「制度を変えないと意識が変わらない」という意見はもっともです。確かにセンター試験でリスニングが導入されて以降、学校でそれに使う時間は増えました。

 ただし「グローバル人材の育成」のために「大学入試で4技能評価」という論法には飛躍があると思います。「英語」=「グローバル化」という構図も「西洋コンプレックス」のように聞こえます。

 

 また利用が予定される資格検定はそれぞれ高校生向け、留学向け、ビジネス向けと目的が異なります。英語に詳しい人の話を聞くと各検定の出来と英語力の相関について色々意見があるようです。

    表によると私のスコアはあとちょっとでB2のB1ですが、私の英語力はグローバル化には程遠いです(笑)。


 昔オーストラリアの方からESL(English as a Second Language)という考えを教えていただきました。多言語で英語が「公用語」の国だと勉強の「資材」がほぼ英語です。英語の「できる・できない」がリテラシーに直結します。

 そこでESLを専門で学んだ教員が、英語以外を母国語とする子どもたちに「第二言語」としての英語を使って勉強できるよう支援をしています。

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

 

 一方日本の場合、高校までは必要な情報はほぼ日本語で入手できます。

 

   4技能を高校で満遍なく勉強するのは当然として、入試では大学で情報を得るための「読む」「聞く」でフィルタリングして、大学に入って英語の文献や講義で知識をつけ、議論をしたり論文を書く力をつければよいのでは、と個人的に思います(EAP "English of academic purposes")。

    大学に入る前に「英語が完成している」を求めるのは贅沢過ぎるのではないでしょうか(現場の意見)。

 

   「グローバル化だから英語が必要」ではなく、日本人にとって英語とは何であり、英語を使って何をしたいか、そのためにどういう教育内容がどの段階で必要なのか、もう少し議論してほしいです。

 

 まあ「いくら英語を話すのが得意になっても中身がペラペラではどうしようもない」と思う私の考えも「西洋コンプレックス」の裏返しですが(笑)。


*発展:大昔に英語科がある高校に勤務していましたが、生徒たちの多くは発音の正確さなど「ネイティブのようになる」ことを競い合っていました。まあ憧れますよね。英語の先生の多くは「通じればいい」といいますが。あ、英語の先生の中にも(以下略)。

 

* 文中に登場する英語検定の名称は全て登録商標(R)です。 

 

 他にも高校現場を直撃する大事な変化が!(続く)