ぶんぶんの進路歳時記

学習方法、進路選択、世界史の話題について綴ります

世界史の論述問題を解いてみた(2023 上智大学TEAP方式)

はじめに

 難関私立大学の一部で世界史の論述問題が出題されていますが、教科書の内容を時系列に説明できれば答案になる出題が大半です。

 そうした中で異彩を放つのが上智大学TEAP方式で、お困りの受験生が多いのか当ブログにアクセスが集中します。

 上智大学の一般試験世界史は悪問・難問・奇問のデパートとして悪名高く、『絶対に解けない受験世界史』の常連でしたが、文科省の入試改革にあわせて世界史の出題はTEAP方式の論述のみになりました。

 問題は東進の過去問ライブラリーから。そのうち上智大学のHPにも問題と出題意図が掲載されるので、その際は追記します。その時にぶんぶんの解答例が大間違いならコソーリ直します(インチキ)。

 解答例はぶんぶんのオリジナルであり、正解ではありません。

www.toshin-kakomon.com

過去記事

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

目次

  

1 上智大学 TEAP方式 過去の出題

  史料1 史料2 小論述 中・大論述 大論述
2015 権利章典 フランス人権宣言 球戯場の誓いの意義40字 「世界を一回りしたのは1789年宣言だ」とはどういうことか120字 権利章典と人権宣言の「人権」の違い400字
2016 植民地の独立と課題 18世紀末のスペイン領ラテンアメリカアメリカ合衆国の人口比率 アメリカ合衆国の黒人の立場と解放の歴史20字程度×4   スペイン領ラテンアメリカと13植民地の社会構造の違いを考察350字
2017 チェアダーエフの文章 トルストイの文章   両者のロシアのあるべき姿の考え方の違い300字 両者と文明論的意味。同じ論争をした日本やトルコの例をあげつつ300字
2018 ヨーロッパ統合に関する文章     文中のヨーロッパ統合を加速させる要因と抑制する要因について300字 ヨーロッパ統合の二つの形態とイギリスのEU離脱について300字
2019 第一次世界大戦の講和をめぐる複数の資料     中東欧に国民国家を適用する問題点120字 WW1後のヨーロッパの覇権の揺らぎ350字
2020 ザビエルについての記述     ザビエルを取り巻く世界の動き200字 イエズス会の活動が「香料と霊魂」と受け止められている理由と筆者の考え350字
2021 ロシアの中央アジア支配 カフカースにおける少数勢力の立場   19世紀を通じての国際的な綿花生産・供給の事情200字 カフカース中央アジアにおける少数勢力の立場について叙述した文章の続きを書く300字
2022 アメリカ合衆国の黒人について モザンビークの植民地支配   19世紀から20世紀にかけての合衆国の黒人差別制度の変遷200字 植民地支配の理想と実態とはそれぞれどのようなものであったといえるか300字
2023 「北の十字軍」に関する考察 大学生二人の「正しい戦争」についての話   北ヨーロッパ商業圏の特徴 200字以内 会話文の議論と問題文を結び付けて「北の十字軍」がどのようなものか説明する350字

 客観式の正誤判定問題5題、小~中論述1題、大論述1題、複数テキストの参照という形式が定着しました。

 正誤判定問題は完答可能、中論述は教科書の内容を時系列で理解できているかが問われます。おそらくこのふたつの出来が合否に直結します。

 大論述は2021年からは世界史の知識を使って課題文を読解し要約する出題が続いています。出題の趣旨を理解した要約が書ければ大きな差はつかない、逆に言うとそれを外すと大幅減点になると考えます。

2 2023年 解答例

設問1

凡例

○:正文 ×誤文:間違いを含む単文。正誤ポイントを解説

難易度メーター(正解の後)

◎:必答 ○:まあ解ける △:やや難だか難関私大合格には必要

▲:かなり難しい ×:ドボン

(1)d ◎

×アルビジョワ十字軍を開始したのはフィリップ2世(ジョン王と大陸領を争った仏王)で、提唱したのはインノケンティウス3世

(2)b ◎

神聖ローマ帝国はライン同盟の結成で消滅

×a 神聖ローマ帝国の最初はオットー1世

×c ベーメンは11世紀頃神聖ローマ帝国編入された

×d カール4世はシュタウフェン朝ではなくルクセンブルク朝。シュタウフェン朝が 断絶して大空位時代になったので彼の時に金印勅書を定めた

(3)a ◎

デンマーク女王マルグレーテの主導でカルマル同盟結成

×b 北方戦争バルト海の覇権はスウェーデンからロシアに移る

×c グスタフ=アドルフは新教側で参戦

×c ソ連国際連盟から除名されたのはフィンランドの提訴(冬戦争)

(4)c △

○インノケンティウス4世がプラノ=カルピニをモンゴルに覇権

×a グレゴリウス暦の制定はグレゴリウス13世

×b ラテラン条約はムッソリーニ

×d 教皇イエズス会の布教方法(中国信者の祖先崇拝や孔子崇拝を容認した)を否認したので(典礼問題)、康熙帝教皇が認める「イエズス会以外の宣教師」の布教を禁止した。

(5)c △

プロイセンはウィーン議定書でラインラントを獲得

×a フリードリヒ2世は領内全域での農奴解放は命じていない

×b フランクフルト国民議会の申し出をプロイセン王は拒否

×d 七年戦争プロイセンはイギリスと同盟

解答に向けて

 正誤問題パートは点を取らせる問題で、高校の学習内容が定着していれば、まず間違うことはありません。 私立の入試問題をこなして、人名や事件名からその5W1H、特に「なに=内容」を即座に思い出せるようにしましょう。

 (4)はcを知っていれば即答ですが、dは「典礼問題」の内容と顛末の理解が必要です。怪しい人は復習しておきましょう。

 (5)aのフリードリヒ2世は啓蒙専制君主とされ、農民の保護、宗教寛容令、拷問や検閲の廃止などを行ないましたが、彼はユンカー(領主貴族)の協力のもと支配権を行使していました。ユンカーは農奴を使って安価な穀物を西欧で売ることで生計を立てていたので(農場領主制。ドイツではグーツヘルシャフト)、フリードリヒ2世は農奴解放には踏み込めませんでした。

 つまり啓蒙専制主義とはユンカーに対してプロイセン王が「文化」の力でマウントを取ることが目的なので、専制の土台まで掘り崩しては意味がありません。

 プロイセン農奴解放は自慢の陸軍(身分制軍隊)がナポレオン率いる「国民軍」にが完敗したことが契機になります。

 1781年に農奴解放令を発したのがオーストリア大公で神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世、フリードリヒ2世の宿敵マリア=テレジアの子です。彼は同年に宗教寛容令も発布し、新教徒、正教会ユダヤ教徒の住民に公民権上の平等を認めました。

 これはフリードリヒ2世に憧れてというより、貴族やカトリック教会を弱体化させてハプスブルク家に権力を集中させる目的でしたが、抵抗勢力の反対に遭い、農奴解放令は彼が1790年に急逝すると守られなくなりました。

 しかしヨーゼフ2世の「早すぎた改革」は1848年の革命や、多民族国家オーストリア=ハンガリー帝国の政策に影響を与えました。

耕すヨーゼフ2世 著作権切れでパブリックドメイン

ソース    Оповіданя з істориї австрийско-угорскої держави. Коломия、1914年

設問2 

課題

ハンザ同盟を中心とする北ヨーロッパ商業圏の特徴 200字以内

指定用語 シャンパーニュ 生活必需品 フランドル 羊毛

解答作成に向けてのメモ

北ヨーロッパ商業圏」→バルト海貿易と北海貿易

「特徴」→バルト海では材木や海産物など日常品、北海では毛織物と羊毛を扱う

ハンザ同盟を中心とする」→ハンザ同盟バルト海貿易の中心でブリュージュとロンドンにも在外公館を置いていた

シャンパーニュ」→北海・バルト海貿易圏はシャンパーニュの定期市を通じて地中海交易圏と結びついた

解答例

十字軍運動を契機に遠隔地貿易が活発になると、北ドイツでは木材や海産物など生活必需品を扱うハンブルクリューベックが台頭しハンザ同盟を形成した。またフランドル地方の毛織物産業の発展を背景にしたブリュージュやそこへ羊毛を輸出するロンドンなどでも商取引が盛んになりハンザ同盟の在外公館が置かれた。このバルト海・北海交易圏と地中海交易圏の商品を交換する都市も発展し、シャンパーニュ地方は定期市でにぎわった。199字

解答作成のポイント

 テーマが「ハンザ同盟を中心とした北ヨーロッパ商業圏の特徴」なので、ハンザ同盟の中心であるバルト海貿易の特徴(生活必需品の取引)と、その在外公館が置かれたブリュージュ、ロンドンなど北海貿易圏の特徴(毛織物と羊毛の取引)を書けば文意に沿う。

 「羊毛」「フランドル」の指定語句から、イングランドの羊毛がフランドルに輸出されその拠点にハンザ同盟の在外公館があったことが連想できるかが勝負の分かれ目。

 最後の指定語句「シャンパーニュ」で、バルト海・北海交易圏がシャンパーニュを通じて地中海交易圏と結びついていたことを示す。

 南ドイツのアウクスブルクの銀も入れたくなるが、指定語句にないし、「北ヨーロッパ商業圏」のあり方に字数を使いたいので割り切って割愛。

ブリュージュ(ブルッヘ)の運河の様子。パブリックドメイン

設問3

課題

大学生ふたりの「正しい戦争」に関する会話文における議論を問題文とむすびつけて、聖地イェルサレムへの十字軍や国土回復運動と比較しつつ「北の十字軍」がどのようなものか説明する(300字~350字以内)。

資料(抜粋)

テキスト1 「北の十字軍」

ディーボルト・シリングの『ベルナー年代記』に描かれたタンネンベルクの戦い(1410年)。黒の十字架がドイツ騎士団著作権切れでパブリックドメイン

 

テキスト2 大学生の会話

  • 国際紛争は外交交渉などで平和的に解決すべきであり,いかなる武力行使もおこなってはならないという考え方がある。
  • 実際には国連での議論をへて多国籍軍が派遣された例もある。軍事制裁を目的とした国連軍の正当性は、自衛権のみならず,相手国の何らかの行動を違法とみなして,平和・安全の回復を図るための武力行使という側面もある。
  • 正義の戦争というのはヨーロッパ的である。
  • 聖トマスは「正しい戦争」が成立する3つの条件を上げている。第一に権威による戦争であること(私的な戦争ではない)、第二に正当な理由があること(攻撃される倒が罪を犯している)、第三に攻撃する側が平和の実現など正しい意図を持っていること。
  • 聖トマスは戦闘中の問題は論じていない。戦時法は国民国家が出現して戦時暴力が顕在化してきてからのこと。
  • 聖トマスは十字軍を,グロティウスは三十年戦争を念頭に正戦論を展開していた。これを受けて,私たちも21世紀における「正しい戦争」とは何かを考え,ひいては国際平和を実現するために行動するべきだと思う。
解答例

北の十字軍は北ドイツ諸侯がバルト海周辺への経済的野心から始めた侵略戦争だが、野心を隠すためにキリスト教で自らを正当化した。この戦いは教皇や皇帝の支持を背景とする公的な戦争であり、相手側は異教徒であるという非があり、こちら側には彼らをキリスト教化、文明化するという正しい意図がある、聖トマスのいうヨーロッパ側からの一方的な「正しい戦争」である。イェルサレム十字軍や国土回復運動はキリスト教世界の回復、北の十字軍は異教徒のキリスト教化と大義に違いがあるが経済的野心が先立つのは同じである。北の十字軍はこの優越意識から異教徒を虐殺し同化を強要したが、異教徒の激しい抵抗を招き、彼らがキリスト教に改宗すると正義そのものが意味を失い終焉した。参戦した騎士団の蛮行は国際会議で問題視され国際法形成の端緒となった。350字

解答のポイント

小論文や論述問題の原則

  • 事件について「どのようなものか説明」と言われたら、まず定義して、背景→契機→経過→結果→影響の順で整理するのがオーソドックス
  • 「複数のテキストを結びつける」と言われたら、それぞれを抽象化して関連する点について論じる
  • 「比較しつつ」と言われたら、双方の類似性と相違性について言及する

ぶんぶんの解答例の方針

  • 「「正しい戦争」に関する会話文における議論を問題文とむすびつけて」とあるので、テキスト1の北の十字軍がテキスト2の「正しい戦争」に該当するのか、「三つの定義」について順を追って検討する。
  • テキスト1を読むと、北の十字軍は宗教的熱情から発したというよりは経済的野心が先にあってそれをキリスト教を使って正当化しているように思えるので、テキスト2の「『正義の戦争』はヨーロッパ的」に沿って、この戦いは経済的野心からの侵略戦争だとズバリ指摘する(定義・背景・契機)。
  • 侵略戦争なのに抵抗されたら自衛の戦争という議論のすり替えを指摘する。
  • キリスト教徒による布教や文明化は常に正しい」という正義感が兵士たちに「異教徒なんて殺されて当然」と思わせ残虐な行為に及んだことを指摘する(経過)。
  • イェルサレム十字軍や国土回復運動と比較しつつ」なので、キリスト教失地回復か異教徒のキリスト教化という大義の違い、イスラーム側もジハードという大義を持つなど異なる点があるが、経済的野心をキリスト教で隠蔽し虐殺や掠奪を正当化する点では同じ穴の狢であることを指摘する(比較・定義)
  • 相手がキリスト教を受容したことで北の十字軍は戦争の大義を失い、敗北したことに言及する(結果)。
  • キリスト教徒の中にも彼らの蛮行を避難する者がいて、それが後の国際法の成立につながったことに言及する(影響)。
評価

 ロシアとウクライナの戦争で、ロシアが「正義」を主張してウクライナに侵入し各地で殺戮を行なっていること、ロシア兵が略奪していること、ウクライナ側も「正義」を主張して国際世論に訴え頑迷に抵抗を続けていることを踏まえた、上智大学の渾身の問題と評価します。

参考

www.hokkoku.co.jp

 ぶんぶんは「正義の戦争のインチキさ」という線で論じていますが、イエズス会直営の上智大学の出題ということを踏まえ、「キリスト教関係者としてこれは反省すべき」「当時もこれを『正義の戦争ではない』と批判した人もいた」という結びにしました。

*東進さんの解答速報は「北の十字軍は正義の戦争には当たらない」と全否定していて気持ちがいいですが、ぶんぶんは「北の十字軍は当時の人からすれば『正義の戦争』にあたるが、そもそも『正義の戦争』自身がインチキ」というスタンスです。言いたいことは同じです。

 昨年ぶんぶんは「他教科や人権HRの学習内容と世界史で学んだことをつなげば解答できる出題は賛成です」と書きましたが、さらに言うと、昨年も今年も「学びと現実の出来事とをつなげられるか」を私たちに突きつける出題になっています。

 この姿勢は大学での研究に不可欠、社会人になるとさらに学んだことを行動に移せるかが問われます。

 昨年も今年も要約ができれば制限字数には到達しますが、受験生がロシアとウクライナの戦争に感じる「正義に関するもやもや」がこの出題でうまく整理できたのなら、それはすばらしいことです。

 テキスト2の大学生の薄っぺらい会話も、受験生の違和感を引き出すための巧妙な仕掛けでしょう。まあ文科省は複数テキストを出せば喜(以下略)。

まとめ

  • 客観式問題は難関私立の正誤問題レベル、中論述は教科書の知識で解答できる難易度
  • 大論述は単なる要約ではなく、他教科、探究活動や人権LHR、読書体験などを総動員して書く必要がある
  • 世界で起きていることに対して常にアンテナを張り、それを歴史にさかのぼって考える姿勢が必要
  • TEAP利用はやっぱり上智第一志望者向き