ぶんぶんの進路歳時記

学習方法、進路選択、世界史の話題について綴ります

センター・私大世界史直前チェック(戦後史その7パレスチナ)

 教科書が最後まで終わらない受験生のための戦後史、第7回は今なお出口の見えないパレスチナパレスティナ)問題です。最後なので長いです。

初学者向け 

まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)

まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)

 

 前回

bunbunshinrosaijki.hatenablog.com

 

1 シオニズム運動の始まり

ローマ帝国期 パレスチナから追放、離散(ディアスポラ

ヨーロッパ中世 土地所有禁止 金融業、商業に従事

        ユダヤ人居住地(1    )への隔離

ヨーロッパ近世 スペイン、ユダヤ人を国外へ追放

19世紀 反ユダヤ運動・セム主義

    仏で(2      )事件 露でユダヤ人虐殺(ポグロム

1897年 シオニスト大会(バーゼル)…ジャーナリストのヘルツル指導

    「シオンの丘」に帰る…(3     )運動

解説

 離散したユダヤ人(ユダヤ教を信じる人)のうち、イベリア半島南岸に移住した人たちはセファルディムと呼ばれます。

 カスティリャ王国はムスリムを駆逐して領土を拡大するレコンキスタのためにユダヤ人を利用しますが、 1492年にスペイン(カスティリャアラゴンが合併)がグラナダを陥落させると「ユダヤ人追放令」を発します。

 つまり王権が弱かった頃には国王はユダヤ人の力を借りましたが、主権国家体制が確立する過程で、政治的にはキリスト教会と結びついて他宗派や異教徒に不寛容になり、経済的には自国の商人を優遇します。

*ヘプヘプ ポグロムの様子(ドイツ、1819年)ウィキメディアコモンズパブリックドメインの画像

f:id:tokoyakanbannet:20200109154448j:plain

 19世紀になり「国民国家」がヨーロッパの主流になるとユダヤ人の排斥が強まります。嫌な話ですが、ナショナリズムを高揚させるには「我が国のぉ、科学技術はぁ、世界一ぃぃぃぃぃ!」よりも「非国民」を迫害する方が早いです。

 ナチ党がその最たる例で、ユダヤ人・ロマ族・ハンディキャップのある人・同性愛者を「ドイツ的でない」と殺戮します。

*19世紀末からロシア系ユダヤ人が北米に大量移住します。英語4技能があやしいユダヤ人は「ニッケルオデオン」(映画館。入場料5セントがニッケル貨なので)の無声映画アメリカの生活を学びます。映画産業や映画監督にユダヤ系が多いのもこの影響です。 

 *ニッケルオデオン。カナダ、トロントの「コミック座」(1910年頃)ウィキメディアコモンズ パブリックドメインの画像 

f:id:tokoyakanbannet:20200109161217j:plain

空欄

1 ゲットー
2 ドレフュス
3 シオニズム

参考

  

2 戦間期

英の秘密外交

 1915年 (4        )協定…アラブ人のトルコからの独立

 1916年 (5        )協定…英仏露によるトルコ領分割

 1917年 (6       )宣言…ロスチャイルド家から戦費借用

     パレスチナユダヤ人「ナショナルホーム」建設を約束

1920年 オスマン帝国、連合国と(7      )条約

     →パレスチナはイギリスの委任統治

1930年代 ナチ党のユダヤ人迫害

     →物理学者[8     ]、文学者[9      ]の亡命

    「絶滅」政策(ホロコースト)→(10      )収容所

戦中~戦後 パレスチナユダヤ人が大量入植、現地ムスリムと対立

      →英、事態を収拾できず

 解説

 Eテレ『高校世界史』(2008年度編)で聞き手の寺田ちひろが「またイギリスですかぁ?!」を炸裂させます。

 映画『アラビアのロレンス』のモデル、軍人のトーマス・エドワード・ロレンスは、ハーシム家フサインの三男ファイサルとともにドイツと同盟するオスマン帝国を揺さぶるためにゲリラ戦を仕掛けます。

  イギリスはこのフサインと協定を結ぶ一方でフランスとこの地域を分割する約束をし、さらにユダヤ人にも「ナショナルホーム」(国家じゃない)建設を約束します。ちひろさんに嫌われて当然です。

 結局フサインは大戦後にアラビア半島のみのヒジャーズ王国を建てますが、ワッハーブ王国の再興を目指すイブン=サウードに敗北します。サウードはサウジアラビアを建国し、ファイサルはイギリスのお詫びで?イラクの国王に就任します。

サイクス・ピコ協定。今のシリア(フランスの委任統治)、イラク、ヨルダン、パレスチナイギリスの委任統治)の原型です。レバノンはシリアから分離し1944年に独立しました。ウィキメディアコモンズ Ian Pitchfordさんより。

File:Sykes-Picot-1916.gif - Wikimedia Commons

f:id:tokoyakanbannet:20200109220239g:plain

 ユダヤ人の迫害は『映像の世紀』第5集、第10集を参照。

 寺田ちひろは今も活躍中 (ノ≧▽≦)ノ この後も「手に負えなくなって国連に頼むなんて無責任ですね!」と怒り心頭です。ちひろさんに「責任」って言われ…( -ω-)ノ☆(*_ _) 

空欄

4 フセイン=マクマホン
5 サイクス=ピコ
6 バルフォア
7 セーヴル
8 アインシュタイン
9 トーマス=マン
10 アウシュヴィッツ

 

3 中東戦争

①    第1次中東戦争パレスチナ戦争)1948年

契機 1947年 国連特別総会 (11         )案

   アラブとユダヤの国家分割 イェルサレムは国連管理

   アラブ連盟は拒否(エジプト・シリア・ヨルダン・レバノンイラク

   1948年 (12       )建国→米英の承認→アラブ連盟が開戦

結果 イスラエル勝利、領土を拡大 パレスチナ難民発生(100万人)

   エジプト:ガザ地区管理 ヨルダン;ヨルダン川西岸併合

 

② 第2次中東戦争スエズ動乱1956年

契機 [13       ]大統領のスエズ運河国有化宣言

結果 イスラエル・英・仏、シナイ半島に侵入

   米ソの警告と国際的非難で撤兵

影響 ナセルの威信上昇、シリアと合併

   1964年 PLO(14             )結成

 

③ 第3次中東戦争(六日間戦争)1967年

契機 エジプトのアカバ湾封鎖に対してイスラエルが奇襲

結果 イスラエルが(15   )半島、ヨルダン川西岸、(16   )地区、

   ゴラン高原を占領 新たにパレスチナ難民発生(100万人)

影響 ナセルの権威失墜 1968年 アラブ石油輸出機構(OAPEC)結成

 

④  第4次中東戦争(十月戦争)1973年

契機 国境線が固定化する危険

   →エジプト[17    ]大統領・シリアの先制攻撃

結果 OAPECの石油戦略→第一次(18    )危機

影響 1979年 エジプト=イスラエル平和条約

    カーターの仲介…キャンプ=デーヴィッド合意(78)

    エジプト:サダト イスラエル:ベギン

     →1982年 イスラエルシナイ半島をエジプトに返還

 解説

 戦後さらに大量のユダヤ人がパレスチナを目指します。お手上げのイギリスは解決を国連に丸投げします。

 ユダヤ人に対する同情を背景に、国連は1947年にアラブ人国家はパレスチナの約43%、ユダヤ人国家は約56%という提案をします。人口はアラブ人約120万人に対してユダヤ人約60万人です。

 ユダヤ人は1948年、イギリスの委任統治が終わると同時にイスラエル建国を宣言(アメリカは即承認)、アラブ連盟が攻撃を仕掛け、第一次中東戦争が勃発します。

 勝利したイスラエルパレスチナの約77%を占領します。避難した住民はヨルダン、レバノン、シリアの国境沿いで難民生活を強いられます。その中で彼らは「パレスチナ人」という自覚を持ち始めます。

パレスチナ分割案。農業に適しているところがユダヤ人に分割されています。ウィキメディアコモンズパブリックドメインの画像 再編集はZero0000さん

f:id:tokoyakanbannet:20200109225513j:plain

File:UN Palestine Partition Versions 1947.jpg - Wikimedia Commons

第三次中東戦争イスラエル占領地。クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 2.5 : User:Ling.Nut derivative work: Supreme Deliciousness

File:Six Day War Territories 2.png - Wikimedia Commons

f:id:tokoyakanbannet:20200110135249p:plain

 第一次石油危機は1973年にOPEC原油価格を引きあげ、翌日にOAPECがアメリカなどイスラエル諸国に対する石油輸出の禁止を宣言したことに端を発します。日本では狂乱物価にマイナス成長と、省資源・省エネに舵を切るきっかけとなります。

 この時てこずったサダトに対してイスラエルは「イスラエルを承認すればシナイ半島は返還する」という作戦を取ります。この方法は某国も真似てます。

空欄

11 パレスチナ分割
12 イスラエル
13 ナセル
14 パレスティナ解放機構
15 シナイ
16 ガザ
17 サダト
18 石油

4 中東戦争

1987年以降 パレスチナの(19      )(民衆蜂起)激しくなる

1993年 (20         )協定(オスロ合意

 クリントンの仲介 イスラエル:ラビン PLO:[21     ]

 相互承認、イスラエルガザ地区ヨルダン川西岸から順次撤退

 パレスチナ人の自由選挙による自治承認

1995年 ラビン暗殺

    パレスチナ過激派の自爆攻撃×イスラエル軍空爆

    パレスチナ自治区の境界に「分離壁

2005年 停戦宣言(イスラエルシャロン パレスチナアッバス

    →イスラエルガザ地区から撤退開始

2006年 ガザの選挙でハマス勝利

    →2007 ファタハをガザから追放 ヨルダン川西岸と分裂

2008年 イスラエル、ガザに侵攻

2012年 パレスチナ、国連の「オブザーバー国家」に昇格

 解説

 パレスチナ側の投石(インティファーダはこれ)・ロケット弾・自爆テロに対してイスラエル軍空爆や侵攻、という報復の連鎖が続いています(戦力が不公平)。

 和平は長続きせず(サダトとラビンは暗殺)、平和になったら困る人でもいるのでしょうか。確かに敵愾心を煽れば自分の地位を強固にすることができます。一方和平の努力は相手国と妥協点を探り自国民にも丁寧な説明と困難が伴います。

*個人の意見ですが、暴力の連鎖をやめるには力の強い方から言う方が上手くいくのでは?

 アメリカ合衆国ユダヤロビイストが大統領選の鍵を握っていますのでイスラエルびいきに見えます。その辺を見越してか、2008年末のイスラエル軍のガザ侵攻は、大統領がブッシュ子から多様性のオバマに変わる前に行なわれました。

 ガザ地区種子島ほどの面積に150万人が住んでいますから、空爆や地上戦になれば一般市民は逃げようがなく、この戦争でパレスチナ側では民間人を含む1,300人以上が死亡、死傷者の1/3は子どもでした。

*発展:ヨルダン川西岸の分離壁パレスチナ過激派からのロケット弾を防ぐために建設されましたが、1949年の停戦ラインを超えてイスラエル人の入植地とつながり、パレスチナ自治区を飛び地状態にしています。その結果住民の生活が分断されています。

分離壁の位置 ウィキメディアコモンズパブリックドメインの画像

f:id:tokoyakanbannet:20200112232043p:plain

クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植、Marc Venezia さんの写真

File:Bethlehem Wall Graffiti - Ich bin ein Berliner.jpg - Wikimedia Commons

f:id:tokoyakanbannet:20200112232103j:plain

よいまとめ

ccp-ngo.jp

空欄

19 インティファーダ
20 パレスティナ暫定自治
21 アラファト

 

おわりに

 私が今の大学入試改革に反対なのは、「society5.0」など理想は後付けで、自分の功名心や利益を満たそうとする人々が制度をいじくり、コストを受験生と保護者に押し付けている、つまり「大人の事情が先」と感じるからです。

 最近トランプ大統領は「イェルサレムイスラエルの首都」(他国はそれを認めず大使館はテルアビブにある)と公言しています。選挙前の国内向け発言でしょう。

アメリカのイランに対する強硬路線は、レバノンを本拠地とし、イスラエルに攻撃を仕掛けるシーア派武装集団「ヒズボラ」の背後にイランがいるからとも考えられます。

 今世界の中でも最も困難で多くの人々が苦しんでいる出来事は、アメリカ大統領にとっては解決する課題ではなくキャンペーンのひとつにすぎないのでしょうか。

 

 世界史の楽しみは知らないことを知り、それをつなぎ合わせ考えをまとめ、出来事の「見えていない部分」を露わにすることです。「嫌なもの」を見るかもしれませんが、主権者として必要なことだと考えます。

 私は「受験屋」です。受験生には将来「世界史を選択してよかった」と思ってもらえれば幸いです。まずは目の前の試験を突破してください。応援しています。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。(了)