ぶんぶんの進路歳時記

学習方法、進路選択、世界史の話題について綴ります

進路指導

『うんこ漢字ドリル』から幼児教育について考える

先日機会があって三重大学の模擬講義に参加しました。 講師は教育学部幼児教育講座の富田昌平准教授、タイトルは「子どもが遊びを通して学んでいること」でしたが、「つかみ」の話が『うんこ漢字ドリル』でした。 富田先生は「幼児の下品な笑いの発達」とい…

2020年度の「大学入学共通テスト」について考える(3 AO・推薦も学力重視?)

2020年度(2021年度入試)からの「大学入学共通テスト」、第3回はそれに伴う入試改革についてです。 前回 bunbunshinrosaijki.hatenablog.com 文部科学省のHP 大学入学者選抜改革について (PDF) 高大接続改革の実施方針等の策定について(平成29年7月13日…

「一日看護体験」で手洗いを学ぶ

先日生徒が「一日看護体験」に参加したので、受け入れ病院にご挨拶および生徒の様子を見に行きました。 www.mie-nurse.or.jp 「一日看護体験」は県と看護協会が中心になって、高校生・高等学校専門生が看護師の仕事を体験する行事で、県内各地の病院で行われ…

2020年度の「大学入学共通テスト」について考える(2 英語の外部検定)

2020年度(2021年度入試)からの「大学入学共通テスト」について、今回は英語の外部検定試験活用についてです。 *文中に登場する英語検定の名称はすべて登録商標(R)です。 前回 bunbunshinrosaijki.hatenablog.com 参考 文部科学省HP 主に「大学入学選…

2020年度の「大学入学共通テスト」について考える(1 マークと記述)

2017年7月13日に文部科学省から「高大接続改革の実施方針等の策定について」が発表されました。いよいよ2020年度からの「新テスト」の概要が明らかになってきました。 高大接続改革の実施方針等の策定について(平成29年7月13日):文部科学省 一、二年生向…

私立大学が公立化?(2 メリットは?)

地方私立大学が次々と公立化しています。その秘密に迫ります。 いらすとやさんの地図を加工しました。 前回 bunbunshinrosaijki.hatenablog.com 3 公立化のメリット a 定員割れから脱却 福知山市の資料によると、高知工科大学では2008年 745人→ 2009年(公…

私立大学が公立化?(1 地方私大の悩み)

一学期が終わりました。三年生は三者面談で第一志望の大学を絞り込みます。 面談の中で「◯◯大学はいいぞ、公立で3教科受験も可能」と、聞き慣れない大学を薦められた人もいるのではないでしょうか。 近年、地方の私立大学が、自治体が設置や運営に関与する…

少子化なのに私立大学が定員増加?について考える

2017年6月29日に新聞各社が「23区私大、2183人定員増」と報じました。 文部科学省は29日、2018年度の私立大学の収容定員を発表し、47校が5701人の定員増を認められました。 政府は9日に東京23区内の定員増を原則認めない方針を閣議決定し、文科省はこれ受け…

獣医学部新設について考える(その2 何が偏在?)

「なりたい職業→行きたい大学」という進路指導で高校生に人気の獣医学部、現在は国際基準に近づけるための改革が進む一方、定員は約40年間据え置かれていました。 bunbunshinrosaijki.hatenablog.com 今回は獣医学部の難易度や卒業後の進路など、獣医師の現…

獣医学部新設について考える(その1 定員抑制?)

高校の進路指導では「なりたい職業を決める」→「やりたい学問を決める」→「行きたい大学を決める」→「必要な教科・科目を決める」→「勉強する」という流れが主流です。 このツボに「はまる」生徒はよいのですが、「やりたいことが見つからないから勉強する気…

「AO入試に学力試験義務化」について考える

5月10日、新聞各社が「文部科学省が2020年度から大学のアドミッション・オフィス入試(以下AO入試)や推薦入試について学力をみる試験の実施を義務付ける方針を固めた」と報じました。 おそらく「新テストの活用」を睨んでのことでしょうが、「AO入試と学…

模擬講義に参加する@大阪市立大学2017

先日生徒と大阪市立大学の「文学部を知りたい人のための市大授業」に参加しました。 大変刺激的でしたので、本日はその内容を紹介しながら「オープンキャンパスの見どころ」について考えます。 トロピカル。著者撮影。 追記 6/12 大阪市立大学のシンボル…

高校二年生4月 やりたいことを見つけるには

新学期になりました。二年生は「中だるみ」ではなく、この1年間のうちに学習習慣、得意科目、進路先、何より「勉強していて楽しい」気持ちに目処をつけたいです。 過去ログ bunbunshinrosaijki.hatenablog.com 先日リクルートマーケティングパートナーズの佐…

大学進学にかかるお金について考える(受験料、手続き、新生活)

私の子どもは今年めでたく通学可能かつ自分が勉強したいことができる国公立大学に合格しました。 *いらすとやさん、いつも助かります。 景気が回復傾向と言われ、関東私大および文系の人気も回復傾向ですが、私の県全体は歳入減と歳出増(あのイベントが原…

三年生1月 国公立大学に出願する(3 中期日程、後期日程)

1月23日から国公立大学の出願が始まりました。 三者面談で志望校を決めて、担任から合格のために残り時間をどう使うかアドバイスをもらったと思います(たぶん)。 仮に志望変更したとしても、出願すればそこが第一志望です。一部の例外を除いて前期が第…

三年生1月 国公立大学に出願する(2 自己採点に大学公表データを足す)

センター試験の自己採点結果をどう見るか、国公立大学に出願する際に注意すること、後編です。 前編はこちら bunbunshinrosaijki.hatenablog.com *ネットの情報はあくまで参考です。必ず三者面談で詳細なデータを見て、担任の先生の指導を受けてください! …

三年生1月 国公立大学に出願する(1 自己採点の見方)

2017年のセンター試験、大雪に見舞われて時間が繰り下げになった会場もありましたが、何とか無事に終了しました。力を存分に発揮することができましたか? *私の近所も積もりました。ぐ○だるま。「さむくてやってらんね~」(受験生さんごめんなさい)。 *…

三年生12月 推薦入試から気持ちを切り替える

高校は冬休みといっても補習、三連休も年末も部活(内田良先生が怒るのも無理ない)です。私は今日からオフです。 *いらすとやさん、「ブラック部活」というイラストもお願いします。 12月に私立大学の推薦入試の結果が判明しました。進学先が決まった人、…

今更他人に聞けないセンター試験の基礎知識(持ち物の準備・当日の注意)

大学入試センター試験まで残り1ヶ月です。12月初旬に「受験票」が届きます。 前回はこちら。 bunbunshinrosaijki.hatenablog.com 受験生はセンターに向けて追い込み中だと思います。 「現役生は冬から伸びる」とよく言われますが、現役生、過年度生とも「伸…

三年生11月 併願校を決める

11月になり、公募制推薦入試がはじまるなど受験本番です。 受験生はこの時期に第一志望と併願校を決定します。とはいえ「下手な鉄砲も…」のような出願をすると、お金と体力を消費してしまいます。 また「国立至上主義」の学校だと「私立に合格するとモチベー…

三年生10月 受験生のストレスについて考える

10月も終わりに近づき、そろそろ行き先が内定する生徒が出始める頃です。 国公立第一志望の生徒は当面は1月のセンター試験で高得点が目標です。しかし10月には8月・9月の模試の結果が戻ってきて、第一志望が軒並みE判定だと、「本当に成績が上がるのか」と…

今更他人に聞けないセンター試験の基礎知識(第1解答科目 受験票) 

現役生の皆さん、センター試験の願書は無事担任に渡しましたか? 黄色い袋に入れて郵送していないですよね? 前回はこちら bunbunshinrosaijki.hatenablog.com センター試験に対する考え方は学校によって違います。「国立至上主義」の高校だと「全員出願、5…

今更他人に聞けないセンター試験の基礎知識(出願編)

9月になりました。受験生の皆さんは夏休みを有意義に過ごせましたか? さて受験生は9月中に大学入試センター試験の願書を完成させます。 現在学校では先生から説明を受けて、願書を書いたり受験料を振り込んだりしている時期だと思いますが、「センター試…

一年生7月 文理選択について考える(大学生アンケート 理系編)

文理選択について大学生に聞きました 後半は理系編です。 前半はこちら 一年生7月 文理選択について考える(大学生アンケート 文系編) - ぶんぶんの進路歳時記 *先輩の意見はあくまで個人の感想です。意見の一つとして読んでください。 大阪教育大学 教育…

一年生7月 文理選択について考える(大学生アンケート 文系編)

先日、大学1年生~4年生の卒業生と話しをする機会がありました。 「今ブログで文理選択について考えているので、大学の様子や高校時代の文系か理系かを選ぶ時にどういうことを考えたかについて教えてください」と依頼すると、30人近い大学生がアンケートに協…

三年生7月 夏休みの過ごし方について考える(その2)

受験生が夏休みをどう過ごすかについて考える、後編です。 私が会員登録している河合塾のメルマガに、夏休みの過ごし方の塾生アンケートがありました。後半はこれを著作権の範囲で一部引用しながら(転載ではありません)、夏休みの計画について考えます。 …

三年生7月 夏休みの過ごし方について考える(その1)

1 夏休みは自分との勝負 高校生活最後の夏休みが目前です。すでに気持ちを切り替えて、本格的な受験勉強をスタートしている生徒さんがほとんど…のはずですよね。きっと。 2学期になるとセンター試験の出願や推薦入試の準備が入ってきて、土日は毎週のよう…

一年生7月 文理選択について考える(理系編)

一年生が二年生で文系、理系、どちらのコースを選ぶか、後半は理系の学問紹介です。 文系編はこちら 一年生7月 文理選択について考える(文系編) - ぶんぶんの進路歳時記 学問について詳しく知りたくなったら「夢ナビ」が面白いです。 yumenavi.info 理学…

一年生7月 文理選択について考える(文系編)

多くの進学校では一年生の夏休み前に「文理選択」の話があります。 「文理選択」は二年生で文系、理系、どちらのコースを選ぶかのことです。 現在の大学入試センター試験の選択科目は、文系は地歴・公民から2科目と理科の基礎科目を2科目、理系は地歴・公…

今更聞けない大学入試の基礎知識(4 AO入試、私立の色々な入試方式)

大学入試の基礎知識その4です。 過去ログはこちら 今更他人に聞けない大学入試の基礎知識(その1 国公立大学と私立大学) - ぶんぶんの進路歳時記 今更他人に聞けない大学入試の基礎知識(その2 国公立大学と私立大学の良さ) - ぶんぶんの進路歳時記 今…